TOP PAGE

▼YAMAHA
▼SR 400/500
▼YZF-R25
▼XJ6
▼HONDA
▼GROM
▼DUCATI



これは 難しい

フロントフォークで例えば オイル入っていなかったら 空気のダンパーだけに

なってしまうから ブレーキングした時に 多分タイヤは ”ズルッ”と滑ると思う

たぶん バイク乗ってる人なら 1っ回くらいは経験したことあると思う

たぶんほとんどのライダーは 縮むときになることが多い

これ ちなみに 走らないで ネットの情報の 検索君の お店の人は めっちゃ高価なタイヤ付けたらならないよ って 言う

絶対になります ゴムはゴムです

高価なタイヤになればなるほど 温度依存が高いので なる確率も高くなります

話はそれました

だから 多分 サスペンションに何か 不思議があると思う

バネ(スプリング)縮めれば反発力は増すのは イメージできると思います

少し縮めた状態と 多く縮めた状態 とでは 反発が違うのも イメージできると思います

バネは ブレーキした時や地面のギャップを踏んだ時に 衝撃を縮んだり伸びたりして吸収してくれる サスペンションの一番重要な所と思う

上記で書いたように バネだけでは 縮んだり伸びたりするスピードが調整できないから

”ズルッ”

と 滑る 

スポーツ走行すればするほど 縮む量が多くなってきて 縮めば縮むほどバネの反発力が多くなってきて 

”ズルッ”

ってなる可能性が高くなる

ベロライダーは思う