TOP PAGE

▼YAMAHA
▼SR 400/500
▼YZF-R25
▼XJ6
▼HONDA
▼GROM
▼DUCATI



やっぱり ずっとやってきたことは間違いではなかった

SR400/500  2バルブ シングルエンジンは マフラーからの

排気ガスを うまく使ってあげないと いけないとゆうこと

直径 長さ 解放率 今までやってきたことは間違いではなかった 

 

エンジンの排気量を上げてもカムを変えても そんなびっくりするほどにはならない

耐久性も落ちるし いいことはないと思う

未来にバイクが残らない のは。。。。

いまだに進めてる お店もある 

 

今 まさに ベロライダー号(エンジンノーマル)は 最高の状態だと思う

これも すべて 市販で売っている部品だけで 誰もができる事が重要

マフラーも 耳ざわりなマフラーは 疲れるし 乗ってて楽しくない 

ステーは折れるし 激しい振動

 

放熱も 来シーズン にむけて いい感じに 仕上がっている 

たぶん 過去最高のものになる予感

 

本来は放熱関係も できるだけ付けないほうが SRらしいが

今の現状では 付けてあげないと ポテンシャルを維持できない

熱は金属を変形させたりするから

 

ダクトパイプに関しては 素晴らしいの一言だと思う

熱の移動が ほんと すばらしい 自分で作って ほんと満足です

 

サスペンションのセッティングも過去最高

減衰力だけで保持はできないと思う

だって バイクは常に走っているから

電気も 新しいやり方で 電圧も回復するみたいだし 

 

おしゃべりは相変わらず 下手です