TOP PAGE

▼YAMAHA
▼SR 400/500
▼YZF-R25
▼XJ6
▼DUCATI



ブレーキは基本バイクが立っている時

バンクしているときにブレーキすると 滑る リスクがものすごく高まる

 

よく本とかで ブレーキを引きずってコーナー旋回ってよく書いているけど それすると とっても危険

(これを理解するまで かなり時間がかかりましたです)

 

書き方が悪いような気がする

 

ブレーキはコーナー進入まででフォークを出来るだけ多く縮めて

ブレーキをゆっくり放していく そしたらフォークが伸びる力が持続して 常に路面を押して旋回できる。

 

コーナー中に フォークをブレーキングで縮めるのではなく

コーナー中に フォークが伸びるのを調製するブレーキングが 安全に快適に走行できると思う。

なのでバイクが曲がる手前で(バイクが立っている時に)しっかりブレーキでフォークを縮めておくことが大切だと思う。