TOP PAGE

▼YAMAHA
▼SR 400/500
▼YZF-R25
▼XJ6
▼HONDA
▼GROM
▼DUCATI



今までのSR での 高回転は カムを変えてバルブの開いてる時間を長くして

混合気を多くいれるような考え方

それをするとどうしても排気量を上げて(ボアアップ) していかないと

カムを回せない そしてロスが多い

 

BORE-ACE の考え方は

低馬力で高効率

現行バイクの600cc マルチエンジンのバイクに SR は

って書くと 負けますやん って 皆 100%言います

 

ベロラーダーは なんで って思う

どこがって 負けるのって

街では60km 高速は100km なのに 

ま プラスアルファー 20km で 速い方がいいや 楽しいし

出してはいけないが 120kmくらいまでが めちゃくちゃ速い方がたのしい

計算式では 4速6000rpm で132km ここまでを やたら速くすれば 小さいサーキットだったり 山道では無敵ング

これが ダブルファンネルの 発想の始まりです

 

ベロライダーは速いのが良いとはおもいません

高効率にすることで 振動だったり バイクの安定感が上がるのは間違いないです

これはキャブレター に限らず インジェクション にも言える事

現行のインジェクションSR は重いこれを 解消できれば最高になると思う

重い=部品取って 計量ではない とも思う

サスペンションのセッティングで 重たさを 感じさせなければいいとも思う

BORE-ACEが提供しているサスペンションは 適応してきていると思う

 

他のバイク屋さんが提供している サスペンションは 

まだまだ そこまで達していないように思う 

柔らかければ良い ストロークするから良い とか まだ次元の低い事 言っているようでは まだまだ ダメなような気がする