TOP PAGE

▼YAMAHA
▼SR 400/500
▼YZF-R25
▼XJ6
▼DUCATI



柔らかいフォークがなぜ。。。。。。。 むずい

でも冷静に考えると

曲がる手前にブレーキング これはまず絶対にする(通常のお話ね)

曲がりながらすることはスリップダウンの原因なんでまずしない

なぜ曲がってるときにしないか

フォークをボトムさせようとすると タイヤにすごく負担が掛かるから

出来るだけバイクが立っている時にするのがセオリー

でもベロライダーは お客さんにブレーキはコントロールできるほうが

コーナーはブレーキ引きずったほうがいいよ って言っている

あかんやん

今までうまく説明できないままに

ブレーキ引きずるのは

コーナーの手前でしっかりブレーキングしてフォークをボトムさせておいて コーナーでフォークが伸びるのを

コントロールしたら 乗りやすいって こと やっと 説明できた

信号で止まるときに手前からブレーキかけてブレーキ一気に離すと フォーク ボヨヨヨ~んて一気に伸びる

ちょっとブレーキ引きずっとけば おだやか~に伸びる

これを 利用すれば めちゃ簡単に 曲がれるよ~ん

なので フォークの入力に対する力は少ないほうが ボトムさせやすいので コントロールしやすいとゆうわけ

 

人それぞれ ブレーキングの力は 違うので 自分にあった セティングは必ず必要とゆうわけ

 

今回はここまで