TOP PAGE

▼YAMAHA
▼SR 400/500
▼YZF-R25
▼XJ6
▼HONDA
▼GROM
▼DUCATI



バイクのタイヤ

このタイヤはお客さんのタイヤです

 

タイヤのどこを見るの? 

サイドの使っているところと 使っていないところの境目です

綺麗に一線 

これを見れば 良い足回りのセッティングかどうかすぐ分かります

あまり良くないのはタイヤの端が うろこ のような模様になっています

 

BORE-ACE 強化スプリングセット スプリング+スラスト+フォークアシスト

最強です 

強化スプリングと言っても硬くはありません 

ノーマルのスプリングは張りが無いので 張りのあるスプリングを製作

そしてフォークアシストによる減衰

フォークトップキャップによる 内部の空気の拡大

フォークアシストは年々進化を遂げて 2019年 ほぼ完成に近いように思います

 

 

タイヤに関しても サーキットで走行後は必ず 空気圧チェック

空気圧でどれだけ変わるかも すべてやってきているつもり

これは公道でも適応できるはずです

 

バイクに関しては タイヤが2個なので 直立できない(スタンド無しでは)

曲がる時はこの直立できない状態を 人間がいかにうまく引き出せるか

これにあると思う 

 

タイヤを 高級なもの入れても 人間が引き出してあげないと

グリップが上がるどころか 逆に低下すると思う

高級なタイヤになればなるほど 温度に敏感になりやすい

とベロライダーは思う

 

よくサイドの ”あまりんぐ” が取れない 

街中や峠を走るときは 取れなくて大丈夫です むしろ 取れないほうが安全です

取りたい人はサーキットに行けばいいと思う

 

ベロライダー