TOP PAGE

▼YAMAHA
▼SR 400/500
▼YZF-R25
▼XJ6
▼HONDA
▼GROM
▼DUCATI



サスペンションはフロント リア

これも書けばいくらでも書ける

 

前回はフロント

 

今回はリアを沈めるためには

 

シートに体重をかける

天井があるわけでないので おそらくこれは無理

注)シートに体重をかける事ももちろん可能です

 

アクセルを開ける

これも簡単に出来るのですが 簡単でない場合も多いです

 

一番簡単にできる事は

フロントを沈めて 伸びるときに リアに伝えるのが

 

フロントストロークさせることが簡単に出来ると思います

これはおそらく誰でも簡単に出来ます

 

余談

ノーマルのスプリングは沈める事は出来るのですが

伸ばす事が少し難しい

他社の減衰バルブは沈めるときに張りが無いので

沈めるのがこれもまた難しい

フロントを沈めてキャスター角度をつけたからといって

曲がるわけ無いのです

 

ように思います

ベロライダーの個人的な感想です

 

 

注)書けばおそらくまだまだいっぱいあります

 

イメージは

消しゴムを使うときに

軽く押して使うか

強く押して使うか

かな

 

イメージも文字にしてしまうと一瞬にして強く弱くと

なってしまうのですが

荷重をかけるタイミング(走行位置)が重要です

 

 

ベロライダー